2013年を振り返る<マック北大会>





現在、2013日本ハムファイターズジュニアの<注目進路>を、ベースボール北海道ストライクでお一人ずつ掲載させていただいております。

原稿を整理していく中、当時の学童野球や中学野球が懐かしく蘇ってくる。

早いものでー、

、6年生だった選手たちも今年の春に高校を卒業し、4月から進学していれば現在大学1年生となっている。

 

今回はマック北大会を思い出します!

 

学童野球・マクドナルドトーナメント北大会(全道大会)が帯広市などで行われ発行人が当時、取材させていただきました。

決勝は網走つくしマスターズ(網走支部)と上富良野ジャガーズ(富良野支部)が対戦し、網走が6-2で上富良野を下し5年ぶり2度目の全国大会出場を決めた。

 

石澤大和投手、竹中研人捕手(東北福祉大-駒大苫小牧出身)の黄金バッテリーが印象的。

緩急自在の左腕・石澤投手に加え4番で扇の要を任された竹中捕手。

竹中捕手は北大会だけで2本の本塁打と大活躍を見せた。

チームとして5本の柵越えを記録し、強打の網走を印象づけた。

◆決 勝
上富良野ジャガーズ
0011000=2
302010x=6
網走つくしマスターズ野球少年団
(上)萩原-高橋
(網)石澤-竹中
▽本塁打:竹中(網)
▽三塁打:掛田(上)
▽二塁打:石澤、横田、阿部(網)

◆準決勝
網走つくしマスターズ4-3神楽少年野球団

上富良野ジャガーズ6-4稚内野球スポーツ少年団

 

<出場チーム>

豊成ファイターズ(十勝支部)

名寄ピアシリ西クラブ(名寄支部)

中標津ジャガーズ(中標津支部)

神楽少年野球団(旭川支部)

更別ジャガーズ(十勝支部)

花咲ジャイアンツ(根室支部)

網走つくしマスターズ(網走支部)

苫前サンダース(留萌支部)

大正スカイファイターズ(十勝支部)

上富良野ジャガーズ(富良野支部)

北光クラブ(北見支部)

中央ブルーファイターズ(釧路支部)

本別レッズ(十勝支部)

南丘イーグルス野球少年団(紋別支部)

稚内野球スポーツ少年団(稚内支部)

遠軽西ファイターズ(遠軽支部)

 

準優勝で涙した上富良野を率いるのは小林弘明監督(現東川大雪・監督)。

当時は28歳とお若い。

中央ブルーファイターズを率いる尾西秀平監督は(現釧路ゴールデンモンキーズBBC)ですが当時は26歳とさらに若い。

また1回戦で稚内野球スポーツ少年団に敗れるも女子選手ながら遠軽西ファイターズの主将で投手を務めた宮澤朱音さん(元札幌新陽高)もいた。

 

全国16強

網走は初戦の宮城県代表の三股ブルースカイを13-6、2回戦では前年度覇者の鳥羽野球部を8-2で下し全国16強入り。

続く3回戦では千葉県代表の磯辺シャークスに1-9と力尽きるも全国でも自慢の猛打が炸裂した。

 

この企画しばらく続くかもー。

2013年、マック北大会を制した網走つくしマスターズ