サクランボも赤く色づく





桜よりも開花が遅いといわれているサクランボですが、ここでは日当りの関係で桜よりも開花が早く

4月下旬に花が咲き始める。

 

開花から収穫までは45~70日程度と言われていますのでこの辺ですね。

サクランボがここに来て赤く色づき始めました。

 

十分赤くなってから収穫したいものだが、同時に鳥たちも狙ってくる。

難敵相手!

この時期だけはちょっと敵となります。

味見程度に収穫してみました。




<野球の話も少し>

毎回、野球のお話もさせていただきます!

 

今、東農大網走の躍進が続いている!

全日本大学野球選手権へ出場している同校は13日、準々決勝で城西国際大(千葉6大学)を8-1の七回コールドゲームで下し、初の4強入りを果たした。

道勢としては2017年の東海大札幌以来の4強となった。

本日の試合は無く、あす15日(土)に東京6大学の明治大と決勝を懸け戦う!

道勢の頑張りに期待したいね!

 

また夏の高校野球・組み合わせも続々と決まってきている。

気になる札幌支部はきょう14日、市立札幌開成中等教育学校体育館で運命の抽選が行われる。

 

 

今週出没する中学野球はリトルシニア―。

日本選手権北海道予選・リーグ戦を勝ち抜いた16強による決勝トーナメントがいよいよ始まる。

16強による8試合が4会場で行われる。

別格の札幌新琴似、旭川北稜が本命視される中、小樽、札幌北が追従。

 

~注目カードは!~

日高×北広島

主戦は久保田陽喜投手(3年・日高シニアーえりも新栄野球スポーツ少年団出身)VS左腕エースの吉田日陽投手(北広島シニア―上野幌サンダース出身)。

小樽×千歳

小樽2枚看板、左腕エース・守田 善投手(3年・小樽シニア―余市黒川野球スポーツ少年団出身)、川村寛太朗投手(3年・小樽シニア―入船フェニックス出身)のこの両輪に対して千歳打線が立ち向かう構図になるのかな。

ほかにも2位で滑り込んだ、札幌豊平東、余市、岩見沢、洞爺湖、函館港西、恵庭らの3年生最後の頑張りにも期待だ。

この時期、当初の戦力と予想するも中3の修学旅行と重なりそれらを覆す結果も例年ある。

どのチームが抜けてくるのかが楽しみだ。